スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁パート復活

嫁の経過も悪くないよう。

退院前はちょっとした手術が必要かもしれないと言われていたが、
外来で何回か診察をしてもらった限り、大丈夫そう。
人工的に生理を起こす必要があるかもとは言っていたが。

とにかく元気なのでパートに今週から復帰。
医者もOKといっていたので特別俺も心配していない。

後は息子がすんなり保育園に行ってくれるかだ。

どうもパパと行くのは嫌がる。なんでだろう?
保育園の前に公園へ行こうか?とご機嫌をとると一緒に行ってくれるが、毎回毎回それはしんどい!
スポンサーサイト

マイケル・ジャクソンの思い出

マイケル・ジャクソンが死んだらしい。
享年50か?
たくさん養子がいた気がするが、どうするんだろう。

僕が中学くらいかな?
「Black or White」がはやった。
そして、そのイントロをオザケン、陣内大蔵がまねしてた。

「Black or White」が入っている「Dangerous」ってアルバムは聴き倒したけど、それ以降はろくに聴いてなかった。

それくらいの思い出しかないなぁ。


・・・・なのにショックだ。変な喪失感がある。

清志朗は入れ込んでいたからという理由はあったが、マイケルがそんな事ないのに。

これがスーパースターって奴なんだろうか。。。

白い春の最終回の中途半端な感想

白い春が最終回だった。

初回から「これは面白そう!見るぞ!」と張り切っていたのだが、結局4回以降はいろいろあって見れなかった。

TVの予告スポットを見ると、晴夫がパン屋で働いていたり、のぞみちゃんが入院したりといろいろあったようだ。

もうついてけないだろうな、と思いつつ、最終回を見る。

感想。なんとなく想像でストーリーを補完しながらは見れた。
ただ、あのブログ少女と金髪男の存在がストーリーにどう関わったのかだけはイメージできなかった。

最終回では本当のお父さんは晴夫とちらつかせたり、晴夫の滞在先の住所を書いた荷札を落としたり、それなりに関わっていたが、別にこいつらじゃなくてもいいような。。。
本編ではキーマンだったんだろうか。

で最終回の感想ですが、正直不満です。
そりゃ主人公があれだから、ああなる因果かもしれんが、視聴者はハッピーエンドを望んでいたはず。
途中を見ていない俺ですら、みんな幸せになれよーと願ったのに。

ラストの幻出現もどうかと思うぞ。
古臭いとか関係なしに普遍的な表現方法ととっているドラマだとはわかっているが、さすがにコレはもうひとひねりしたほうがよかったんじゃないのか?

本を読むのが減った

嫁の入院時のお供に購入した「iPodshuffle」。
今は私の通勤時のお供となっている。

実は昔、iPodの40Gの奴を持っていた。
1年ちょっとでおしゃかとなったけど。

通勤時間が糞長いので暇でしょうがない。
そのときは読書というものに目覚め、本当たくさんの本を読んだ。
図書館で借りると無料だしね。

今もそのときと逆。
音楽ばっか聞いていて、本はまったく読んでいない。

いいのか。悪いのか。

しかしiPodshuffle。イヤホンのついているコントローラー、すぐつぶれそうだな。

嫁退院初日

昨日嫁が退院し帰ってきた。
息子も実家から引き取ってきた。

一ヶ月ぶりに家族三人で就寝。

もっと感動すると思ったけど、意外と何も思わなかった。
普通の毎日に普通に戻りそうだ。

そんなものなのかな。

とりあえず退院

嫁が今日退院することになった。
急だ。

とりあえずホルモンの値はいい感じに下がっているのと、このまま入院していても様子を見るしかできないかららしい。
大出血の可能性はなくなってはいないが、低くはなったとのこと。
お腹の赤ちゃんも小さくなっていて体内に吸収されてきているみたいだ。

今後は週数回の外来で対応。ホルモンの値が0付近になったら、また対応を考えようとのこと。
その場合は手術の可能性もあるようだ。

完治って訳ではないのですっきりとはしないが、まぁよかった。
遠出は出来ないが、普通に生活してもいいみたいだし。パートにはいけないだろうが。

本来なら今日は俺が休んでむかえにいってあげればいいんだろうけど、完治した後、家族でお出かけするために有休はとっておきたい。
と言う事で嫁の父に行ってもらうことにした。

息子も俺の実家に迎えにいかなければ。明日から保育園再開だな。

カブトムシの力

俺の実家は田舎なので虫に接する機会が多い。

今は近くの川でホタルが出ている。結構キレイ。
手元に一匹飛んできたのを捕まえたので虫かごに入れたが、次の日の朝もう死んでた。
寿命が短いんだっけ?捕まえなきゃよかった。かわいそうなことをした。

後早くもカブトムシが出たらしく、近所のおっちゃんが息子にくれた。

息子は早くもカブトムシに夢中。
ブロックの塔を作ってカブトムシを登らせたり、自分の服にくっつけたりして遊んでいる。
さすがに触れるのは恐々だけど、これで虫にも慣れてくれれば。

しかし流石カブトムシ。
男の子を夢中にさせる何かがあるんだな。
俺もいい年だが結構楽しみました。

命の教育

僕の実家は田舎にあります。

トイレ、台所等は少し離れにあるため、靴を履いて移動します。
なので移動の途中でゴキブリが出ると、靴で踏み潰します。
さすがにはだしではしませんが。

嫁が俺んちに来たとき、ゴキブリを踏み潰したのを見て、信じられないとカルチャーショックを受けていた。

さて本題。

嫁が入院している今、平日は息子を実家に預けている。
その影響か、息子は蟻を見ると踏み潰そうとする。
この前あったときはてんとう虫を踏み潰していた。

俺がかわいそうだろと怒っても聞かない。
ひいばあちゃんに踏んで~と頼むと、ひいばあちゃんが踏む。ひ孫に甘い、かつ昔の田舎の人だから何が駄目なの?って感じだ。

やめてくれとは頼んだが。。。

実際、教育上正しくないと思い注意したが、どうなんだろ?
それに俺の中ではゴキブリはOK、それ以外はNGという線引きがされているが、それも正しいのか?

京都へ仕事

昨日久しぶりに京都へ行った。仕事で。

朝5時起き。さすがに体が眠い。

しかしJR京都駅周辺って全然京都へ来た!って感じがしないな。
阪急河原町駅は多少はするけど、それでも来た!って感じがしないな。

嫁がお守りが欲しいと行っていたが、どこで買えばいいのかよくわからんだので、そのまま帰った。

退院したら旅行へ行こう

前回嫁の症状について、俺は楽観的と答えたが嫁はそう考えられなくて精神的に参っていた。
まぁ当然だろうな。

現状の状態の対処方法が不明、退院時期も不明。明確な終わりが見えないまま、入院し続けることに疲れてきたようだ。

とにかく退院したら旅行しよう、どこへ行きたいか考えてくれと大量の旅行パンフレットを病室に持っていく。これで不安がまぎれてくれたら。

病室には俺の両親と息子もお見舞いに来ていた。
そのおがげもあり気持ち的に落ち着いたようだ。

よかった。

しかし旅行かぁ。資金がないなぁ。俺が言い出した事だけど。
昔懸賞当たった旅行券が三万円分あったが、あれどう使うのだろう?期限はあったっけ?

嫁の入院がまた伸びた

嫁の入院がまた伸びた。
今週は無理、来週も怪しい。

あんまり嫁の症状を書いてこなかったが、それは特定される可能性があるから。
要は子宮外妊娠の一種だけど、医者が言うには着床した場所が世界でも例が少ない場所らしい。

入院して1,2週は抗癌剤で妊娠を終わらそうとしていた。
妊娠ホルモンの値が順調に下がってきたので、今は抗癌剤の投与はやめている。

医者はホルモンの値が0に近くなったら大量出血の可能性も減るので、それから処置を考えましょうと言っていた。その場合は外来でもOKかもという話も出た。
ただ同じ症状の例でもこれがベストといった方法はなく悩んでいるようだった。

昨日嫁が少量の出血をした。医者はもう少し入院して様子を見ようと言った。
そして今後どうするか?
自然に胎児が輩出されればいいのだが、されない場合、医学的処置で掻き出したほうがいいかも。
ただ血管が集まる場所なので普通の方法では無理。

子宮をとる方向で処置をするなら簡単だけど、あなたが子宮を残すことを望むから難しいと、嫁が言われたらしい。

むかついた。
ホルモンの値が低ければリスクは減ると聞いてたけど、そうじゃないのか?


現在の俺の気持ちとしては、どことなく楽観的です。
不思議だ。なぜだ?
なんとなく体外に排出されるような気がする。
嫁にもそんな気持ちでいろ、と言った。

しかし長いなぁ。
俺外食、コンビニ弁当ばかりで栄養偏りまくりだ。

ROOKIESの新作を立ち読み

ヤングジャンプに「ROOKIES」の新作読みきりが掲載されていた。

なつかしい。
俺はコミック全巻集めるほど好きだった漫画。金がなくて売ってしまったけど。

ドラマ、映画効果だな。

読んでみた。
・・・なかなか面白い。

御子柴で始まった漫画だから御子柴で締めるのは綺麗でいいと思うが、他のメンバーのその後ももうちょっとみたかったなぁ。平塚はあれでいいけど。
やっぱこれ一本じゃ物足りない。

単行本一冊出せるくらい書いて欲しいなぁ。
そういや、この読みきり、どう単行本化するんだろう。
いつかでるかもしれないROOKIES完全版か何かに収録する気か?それとも出る予定があり、それの目玉でこれを書いたのか?

よろしく

日曜日。

午前中は息子と嫁のお見舞いに行く。
午後から実家へ。

帰る間際、母の友人が遊びに来る。

「東京に知り合いいない?」
と言われいないと答える。

「今度の選挙もお願いね。」
「奥さんにもよろしく。」
「奥さんのご両親にもよろしく。」

大人なので適当に対応する。
まぁ入れないけどね。

 | HOME | 

プロフィール

通り雨

Author:通り雨
子持ちサラリーマンです。
父親として駄目ですが、失格ではない。と思う。


ランキング

ランキングに参加しています。一応。
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSSフィード


最近のエントリ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。